読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

アメトーク「アメリカにかぶれてます芸人」放送が待ちきれず、内容予測&出演を妄想した回の中身

自己啓発

アメトークの若手プレゼン大会を観て 

先日、アメトーク若手プレゼン大会で、ブルゾンちえみさんがプレゼンした「アメリカにかぶれてる芸人」。海外ドラマや、恋愛事情などを切り口に、アメリカ文化にかぶれてる人を集めた回です。

 

楽しそう!

 

で、妄想したら止まらなくなったので、内容予測しつつ、自分が出るとしたら…っていう架空の回の中身を考えてみました。

登場コスチュームは大事

アメトークは内容によって、出演者がコスプレすることがあります。

 

渡辺直美さんならビヨンセで出てくる可能性があるし、ゆりやんレトリィバァさんは星条旗の水着で出るかもしれません。さすがにテリーマンのコスプレ(額に米)はいないと思うけど、マドンナ、マイケルジャクソン、レディガガあたりを希望します。

「アメリカにかぶれたキッカケ」トーク

f:id:authenticlife:20170215183329j:plain

かぶれたキッカケを各自が紹介します。

 

私は、深く考えたことはありませんでしたが、振り返るとブリトニースピアーズが流行ったあたりだった気がします(生まれ年が同じ1981年)。

 

その後、アメリカンガーリーカルチャーのピンクでちょっとお馬鹿でキラキラな感じ(like『キューティーブランド』『マリーアントワネット』等)や、『SEX AND THE CITY』にどハマりする反面、

【映画】元GEO店員によるアラサー女子が元気になれるガールズムービー14選!

 

chillでdopeな『パルプフィクション』『グッドフェローズ』的カッコよさ、危うさに憧れを抱く。わかった風に「スコセッシやばい」とか、タランティーノをタラちゃんとか言い出すパターンで、途中、トレスポ、ポールマッカートニーなどの英国ネタを織り交ぜ、「それイギリスかぶれ芸人やん!」と突っ込まれる(想定)。

 

私的アメリカにかぶれてる「あるある」

かぶれてる人の常識「あるある」ネタを披露します。

 

✔︎フライドポテトをシェーキにディップしたことがある

✔︎食パンにピーナッツバターとジャムを一緒に塗って食べたことがある

✔︎好きなアメドラの話をし出すと止まらない

✔︎『GG』といえばゴシップガールでしょ・・・xoxo

✔︎洋楽に目覚めてアメリカかぶれが加速した

✔︎レコード大賞より、グラミー賞。

✔︎カレッジTシャツといえばUCLA

✔︎日本未上陸が大好き

✔︎「アメリカではさ…」とか住んだことなくても言っちゃう

✔︎突然ハグとかする

✔︎海外通販好き

✔︎クリスマス映画の定番は『ホームアローン』だと思ってる(80年代あるある?)

✔︎『グーニーズ』は名作(80年代…以下略)

✔︎昔、アメリカの子供部屋に憧れてた

✔︎ご長寿番組といえば、サザエさんよりシンプソンズ派

✔︎家で家族に'yeah'とか'yep’とか言ってイラつかせるのが得意

✔︎勝手に自分だけのミドルネームを持っている

 

エピソードトークを交えながら説明し、「それ、自分だけのあるあるやん!」と司会の雨上がり決死隊宮迫さんに突っ込まれた時のために、1週間前からロバートデニーロ並みに肩をすくめて首を横に振るジェスチャーの練習を鏡の前でするけれど、本番では他の芸人さん(ザキヤマさんなど)に先を越されてしまい、心の中で"Ugh,as if ! " と唱え、泪をのむ。(Awesomeな学園映画「Clueless」の名セリフより)

 

妄想シチュエーション

f:id:authenticlife:20170215182756j:plain

アメリカかぶれが憧れるシーンを再現ドラマにするコーナーです。

 

〜私の再現VTR〜(カッコ内は独白)

「ここはカリフォルニア、私たちの最後の高校生活」

 

「今日はプロム、そしてプロムクイーンが決まる日・・・」(プロム=卒業パーティ)

 

ドキドキしながら、会場へ向かう。

 

Wow! 信じられないことに私がクイーンに選ばれちゃった!OMG!

 

しかも一緒に選ばれたのはなんと片想いだった彼(配役:ライアン・ゴズリング/ただしライアンはカナダ出身だと突っ込まれたら、ブラッドリークーパーに差し替え予定)。

 

驚きで思わず声が出る。

 

壇上に登り、キラキラの王冠を頭に載せられ、マイクを向けられるけど感激で言葉が出ない。ライアンと目が合う。精一杯の声で言う「パパ、ママ、みんなありがとう!I love you!」

 

フロアには、ミラーボールがまわりだす。抑えめに流れていたThe ChainsmorkersのCloserから一転Katy Peryが流れ出す。プールサイドバーではジャスティンビーバー(またもやカナダ出身)がセルフィーしながら踊ってる。休養中のセリーナにでも送るつもりかしら。

 

私は、いつもの控えめでgeekなgleeクラブ仲間たちと、弾けるように歌い踊る。

 

彼が耳元で「今日は両親がいないから、この後ウチの地下室で皆んなで騒がないか?」と囁く。満面の笑みでうなづく私。

 

そしてパーティーは続く…the end

 

エンディング

アメリカのカルチャーって良いよね。でも、「日本も大好き!」と言って、締めくくります。

 

以上、ご都合主義の妄想にお付き合い頂き、ありがとうございました。 リアル放送を楽しみにしています。