読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

わかった!日々のTo Doリストは、こうすれば上手くいく

自己啓発

「今週やらなければいけないコト」や「週末やりたいコト」を書きだしたり、To Doリストにする方は多いですよね。
 
 
最近、ちょっとしたコツでこのTo Doリストが上手く回るヒントがわかったので紹介します!
 
 
コツはたった2つです。
 

1.TO DO 専用アプリを使う。

これまでiPhoneのリマインダーにメモして管理してたのをTo Do系の専用アプリに変えました。リストの醍醐味=「やったぞ・消したぞっ!」っていう実感が見えやすいのと、どちらかというと短期スパンのタスクは「やること書き出す→実行する」というシンプル構造で十分なので、専用アプリの方が使い勝手がいいんです。中長期的な目標はリマインダー、手帳、ブログにするなど使い分けたらいいかもしれません。
 
私が使っているアプリはこちら。 
Flat TO-DO

Flat TO-DO

  • Koji Hayashida
  • 仕事効率化
  • 無料

 

フリーで、ごくごくシンプルなデザイン、余計な飾りがなく、レビューが一番多かったものにしました^^

 

 

2.To Doリストは所要時間ごとに作成する!

 

To Doリストのカテゴリを時間ごとに作成しました。今まで、To Doと一口に言っても、30分かかるものから、3分で終わるものまで色々あるのに、頭の中でどれも同じように「1つのTo Do」と考えてましたが、時間ごとに分けてみることにしたんです。

例えば私の今あるタスクは3つのカテゴリに分かれています。


3分×1個、15分×4個、30分×1個です。全部やると1時間33分かかるということがわかり、「やることが6個もある!」と焦る前に、どこかでまとめて時間が取れるならそんなに難しくないかなと心理面で少し和らぎます。

f:id:authenticlife:20150908013012j:image


 3分To Doは、健康診断が近いので電話予約をするというもの。電話番号も加えておけば1分程度で済むかもしれませんし、受付時間等も書いておけば更にハードルが低くなり実行しやすそうです。

 f:id:authenticlife:20150908013027j:image

終わった後はチェックを入れます。これが快感!!

f:id:authenticlife:20150908013036j:image

 To Doを時間ごとに 分けることで、ちょっとした「スキマ時間」に、「今15分出来たからアレをやろう!」とか、「コレとアレをやっても30分あれば足りそうだな」というように、時間というモノサシで測って整理しておくことで、見えづらいタスクの量感がスッキリわかりやすくなったんです。

 

更に 例えば30分To Doにブログ記事作成があるとします。

 f:id:authenticlife:20150908013050j:image

このような場合も、30分という大まかな時間を更に、

・15分To Do テーマ、構想決定

・10分To Do 入力・画像・レイアウト

・5分  To Do 見直し・微修正

というように細切れにPART分けすることで、スキマ時間で作業がしやすく、ストックもしやすくなります。

 

「タスクは、行動を起こしやすくする為に、出来る限り具体的にイメージし、細切れに分けて時間軸で管理する!」言ってしまえば簡単ですが、行動にするととても実感出来ました。

 

おっと、そろそろ次のToDoの時間です、皆さまもぜひお試しくださいね、んちゃ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村