読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

Amazonがミニマリストブームな件。

カルチャー-「本」 シンプル-ライフスタイル

 シンプルミニマルブーム?

http://www.flickr.com/photos/63592821@N05/11438063263photo by Noirescent

 

最近、NHKミニマリストが取り上げられたり、有名ブロガーさん達のブログ、SNSでの活躍、KDP出版されたりするのをお見かけします。

 
時代の流れで、持たない、欲しがらない、所有しない感覚が日々増しているのは自分自身も感じていたものの、Amazonの欲しいものランキングを見たら、本当にブームなんだなぁと結構ビックリ!
 
 
 
まず、第1位が、もはや説明不要なほどミニマル内外で話題なこちらの本!写真のインパクトもありますが、こういう本ってありそうでなかった。本全体がミニマリズムとシンクロしていて気持ちよいですね。

  

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

  • 作者: 佐々木典士
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

  

 
そして第7位がこちら。
 

 

 

シンプルに考える

シンプルに考える

 

 

ジャンルはビジネス自己啓発系ですが、タイトル通り「シンプル発想」であります。そして選択と集中仕事を楽しみ真摯に取り組む姿勢がカッコいいと思いました。なんてゆうか大人なんです。
 
会社員でなくても、個人事業者でも、ニートでも働く上での大切なエッセンスが凝縮していて、内容はすごく面白かった。
 
 
第9位は、こちらも色々なブログで紹介されていて、Amazonレビューもあっという間に増殖中。
 

 

 

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

 

 

 

ファッション関連書籍のムーブメントでいうと、セレブ本、芸能人本、スタイリスト本、ブロガー本と来て、すっかり食傷気味なジャンルに一石を投じるのが、現在の「異色ファッション本ブーム」だと思います
 
最近ではその中核にあるのがこの本ですね。持たないくらし×おしゃれというミニマル組合わせは思わず食いつきたくなりますw書店の陳列棚で見かける率がどんどん増えてます。
 
 
そして15位。
これも異色ファッション本のジャンル。21世紀はファッションに興味があってもなくても、それこそ選択と集中で、安くて時間もかけずにそれなりのお洒落ができちゃいます。
 
よってファッション偏差値も自然に上がっており、あんまりダサい人は最近見かけませんよね。
 
この本がこれまでのファッション本と比較して異色な点は、おしゃれ大好き、センス良く見せたいとかが目的じゃないんですよね。むしろあまり前のめり感は出したくない人向けのニュートラルな攻め感を感じます。
 
ファッションホリックをターゲットにしないファッション指南本という点でこの本はビジネスとして成功しているのかもしれません。(しかも男性向けの全身コーデのカラー写真が豊富でブランドもユニクロなど手が届きやすいアイテムを使ったスタイルばかり)
 
 
その後も23位に、たっくさんの必要十分生活などが続き、ミニマリストって今かなりブームなのかしら、それともミニマリストAmazon利用の本好きが多いのかしらん?と驚くとともに、これからどんどん新しいものが出てきて素敵な化学反応が起きていくことを期待したいです!
んちゃ