読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

選択をダウンサイズすることは負けでも恥でもない

シンプル-ライフスタイル

選択するときの条件

f:id:authenticlife:20160830071727j:plain

先日、雑誌を読んだら「新しい婚活の条件」みたいな記事があって、イマどきは「4低」っていうのがあるそうですね。

 

4低:低依存、低リスク、低姿勢、低燃費 

理想の結婚相手は“4低”と“3強”? イマドキ女子が望む男性にもとめるものとは… | 女子力アップCafe Googirl

ちなみに3強は「生活・不景気・身体」に強いことだそう。

 

昔のヒルズ族や新鋭ベンチャー社長みたいなバブリーだけど危うい感じよりも、収入低めでも良いから安定志向、お互い依存し過ぎず低燃費でいこうねというご時世なんですね(実はフツーが一番難しいという節も)

 

私たちは高い=勝ち、低い=負けという刷り込みを長く引きずってきたなぁと気付かされます。少なくとも私はそうでした。

 

幸い、結婚や友人といった人付き合いに関しては、条件など考えずにずっと仲良くしたいと思う人たちと繋がっていますが、それ以外に関しては高みを目指すことへのプレッシャーや結果至上主義みたいなところがあったんです。

「低い」への劣等感

周りより収入が低い

学歴が低い

女子力が低い

コミュニケーション能力が低い

 

「低い」ことを気にして、惨めな気持ちになったことは誰しもあるはず。

 

劣等感を突きつけられたこと、ありますよね?私はもう数え切れないほどありますよ。

 

努力しても要領の良いひとには到底かなわなかったり。美人で性格も良い友達に「天は二物を与えちゃうのよね…」と思ったり、一歩を踏み出すことに臆病になっている時、羨ましい位軽やかに動き出してる人を見た時…言い知れない心のモヤモヤが生まれることがあります。

ダウンサイズは負けでも恥でもない

 f:id:authenticlife:20160830084043j:image

振り返ると、この1年で身の回りのモノは随分ダウンサイズしてきました。

 

例えばお財布。以前はルイヴィトンやバレンシアガとかブランドじゃないと嫌だったのに、今ではプチプラ。

ミニマルOLの通勤カバンの中身公開。小さいカバンの秘訣とは? - 

眠るときはベッドじゃなきゃイヤって結婚当時も騒いでたのに、今ではベッドも手放しました。

なんにもない部屋が出来ました。カラっぽの寝室で思うコト。 

 

そして服も数100着減らしました。

 

これだけ聞くと、世間体を気にする人の目には、ダサく映るかもしれません。昔の私なら「無理ムリ〜」って言ってたはず。

 

でも今はそんな日々をブログに綴り、見ている方や友人から「ブログ見てるよ」とか「いつも楽しみに読んでます」そんな言葉を頂けるようになりました。

 

仕事も変わらず、お給料も減ってないしむしろ先月昇給してたけど、でも、生活をダウンサイズ。

 

高い=勝ち、低い=負けのモノサシを手放したら、あっけない程に暮らしが変わりました。

 

「負け」とか「恥」とか、世間一般の価値観を手放せたのが大きいです。

ダウンサイズしてどうするのか

「とにかく小さくちいさく、お金を使わず、低燃費に暮らしていくのが良い」と言いたいわけではありません。

 

ダウンサイズした分は、アップサイズしたいところに注力するだけ。

 

選択をダウンサイズ することと、志しを高く持つことは別もの。

 

あなたに言いたいことは、ダウンサイズは負けや恥ではない。そこから気付くこともあるよ、そして、本当にやりたいこと、望むものをしっかり掴もうね、ということ。

 

人生は短い。世間一般の平均点を目指してるだけでは、自分の好きな人や好きなものを存分に愛すこともなく終わってしまいそう。

 

そんな人生はイヤって心から気づいたのも、生活を小さくしたからこそ。モノサシが変わると生き方が変わる。婚活でも

旅も断捨離も、人生の不自由さこそが生きる勘を養う

シンプル-ライフスタイル

 生きる上での勘って大事

f:id:authenticlife:20160828180324j:plain

仕事やプライベートで人と会った時、「勘どころの良い人」っていませんか?

 

情報の中のノイズを綺麗に取り除いて、しっかり本質をつかむ人。

1を聞いて10を想像できる賢さがある人。

全体の空気を読んだり、わざと読まなかったりして、場の雰囲気を上手にコントロールする人。

 

一緒にいても気分がいいし、あの人の言うことならついていこう!と素直に思えちゃう。そういう勘どころを養えたら良いですよね。 

続きを読む

皆が「やりたいことをやる人生」に必要なコト。やりたいこと50のリストも紹介します!

シンプル-ライフスタイル
  • 夏の自由研究、続々満喫中。
  • 「本と紅茶を一杯」の菜子さん
  • 「新米主婦のゆるり毎日日記」エスパーさん
  • 「あなたの名前を呼んでいいかな」ココさん
  • 「ヒマワリのスカート」とみーさん
  • 「仲良し夫婦の家計簿」ミキコさん
  • 皆が「やりたいことをやる人生」に必要なこと

夏の自由研究、続々満喫中。

summer light


 先日書いた人生でやりたい50のリスト。

authenticlife.hatenablog.com

既に実行に移したものもあり、充実ライフに役立ててます。

 

そして、他のブロガーさんもやりたいことリストを考えてくださったので紹介しますね。 知らない分野や未経験のこともあって、興味の幅が広がり読んでワクワクしました。

続きを読む

電気ガス水道なし。北海道アイヌモシリ一万年祭で感じた自然の一部に溶け込む暮らし。

旅-旅行・アウトドアいろいろ シンプル-ライフスタイル

夏の思い出、アイヌ一万年祭

f:id:authenticlife:20160814104527j:plain

家フェスの椅子はもちろんキャンプにも活躍中)

久々に、今年の夏休みにアイヌ民族のお祭りに参加しました。

 

アイヌ民族は、もともと北海道や樺太・ロシアなど幾つかの地域にいた先住民族です。 毎年、北海道沙流郡平取町というところでアイヌモシリ万年祭というお祭りを行っています。

 f:id:authenticlife:20160824105314j:image

この一万年祭ではアイヌの先祖の供養であったり、カムイ(神)を祀る儀式や、歌や踊り、キャンプファイヤーなどをしながら1週間を過ごすというもので、全国や海外からも主にヒッピー思想の方が多く集まります。 

 f:id:authenticlife:20160814113523j:image

(藁葺きの寝床、儀式をする場所、出店など)  

 

 原始に還る・消費しない暮らし

f:id:authenticlife:20160814104845j:plain

皆さんは電気・ガス・水道のない暮らしを経験したことがありますか?

 

災害の避難所などで似たような経験のある方がいるかもしれませんし、逆にキャンプは好きだけど「電源・洗い場完備、コテージ付きオートキャンプ場」でしかキャンプはしないという方もいるかもしれません。

 

例えば、アイヌモシリ一万年祭の朝。

 

綺麗な小川では、水遊びする子供がいたかと思えば、服や食器を洗う人、その川下では体を洗う人などが居て、みんなで水という資源を使っていました。

f:id:authenticlife:20160814104644j:plain

 

電気はお店にほんの一部あるだけ。発電機を持参する参加者もいません。街灯も

もちろんないので、夜は懐中電灯を頼りに歩きます。

 

祭壇の前には大きなキャンプファイヤーがあり、お祭の間はこの火が消えないように、一日中、気づいた人が廃木を焚べ、火を灯し続けることになっています。火にも神が宿っているから。

f:id:authenticlife:20160814104741j:image

どんなに文明が発達しても自然は何百年、何千年と変わらないという大きな事実に気づき、夜中に火をぼーっと眺めているだけで、あっという間に時間が過ぎていく不思議な感覚。

 

ファイヤーセッションをやったりもしていて、以前見た時は、完全に異国にトリップしたような感覚になりました。


アイヌモシリ一万年祭 2011 モシリーズファイヤーセッション

 

夜には誰も通らない道。自分の足元どころか、自分の手が開いているか閉じているかさえも見えない真っ暗闇の中。

 

車が一台も通らない道路に思いきってゴロンと大の字に寝転がってみる。すると満天の星空に流れ星をいくつも見ることができました。

 

都会で夜空を輝かせる人工的な夜景も綺麗ですが、空にお星さまがもう数えるのもイヤになるくらい、いーぱいあることを知らずにいる子供がいたとしたら、ぜひ見て欲しいなって思うくらいとても素敵なのです。

自然こそ、何にもないのになんでもある暮らし 

f:id:authenticlife:20160814104546j:image

木にミラーボールを吊るし、1筋のライトがそれを照らすと、辺りはまるで自然のプラネタリウムのようでした。その奥で、バーベキューの残り火を囲んでおしゃべりをしている人たちはとてもゆったりとしていて楽しそうです。

 

携帯電話はかろうじてdocomoが繋がりまずが、それ以外は圏外。スーパーは車で30分以上走らないと近くにはありません(鹿肉は敷地内で買うことができます)。おしゃべりするか、食べ物を焼いて食べるか、考え事にふけるか、できることは普段の生活よりずっと少ないけれど、日頃とは違う環境、違う人たちと話をしたり、聞いたり、感じたりすることから五感で感じるものはとても多い。

 

そこにいるだけで「何にもないの」ではなく、自然に溢れた「なんでもある暮らし」に思えてくるから不思議。だからモノがなくても慌てないし、澄んだ空気や火などあるものに感謝できるんです。

デジタルデトックスをして何をするのか

 f:id:authenticlife:20160814104603j:image

「1日デジタルデトックスして頭スッキリ!」

 

こうした話はよく聞くし、家で情報を遮断して、ゆったり本を読んだり、散歩をしたりして過ごす日常もとても良いのですが、同じデジタルデトックスでも、

 

家の中のモノを減らし、SNSをシャットアウトして瞑想してゆったり過ごすのと、

 

キャンプファイヤーの火をぼんやり見つめ、星空を眺め、美味しい食べ物を食べ、知らない人の旅の話などを聞いて過ごすのとでは、

 

それらは全く別物です。

 

夏は北海道、冬は沖縄で働きながら暮らす人たち、年収数万円(数十万円ではない)で生きる人、脱原発・脱戦争・脱消費社会・半農半X、それぞれの生き方は皆違うけれど、とても刺激のある人たちばかりでした。ちなみに、そこで知り合った熊本出身の方によると、アイヌモシリ万年祭の空間は、熊本のエコビレッジ集落「サイハテ」と似てるそうです。

 

モノを持たない暮らしというのは、手段であって目的ではない。自分の中のいろんな雑念や感情や、余分なモノや過去やこだわりや、そういったものを手放して、どこに向かうのかは本当に人それぞれです。

 

自然やこの世のあらゆるものにはカムイ(神)が宿るとし、その祝福と民族の供養を行い、一万年前は皆、神の子だったから原点に還ろう、というこの一万年祭。

 

明日から今の生活を捨てて山籠りする生活はできませんが、自分にとって、社会にとって、自然にとって、大事なことってなんだろう?生きるって面白いなぁといった色んなことを感じずにはいられない一日でした。

 

あなたはナゼ働くの?お金を稼ぐ時、忘れがちな「喜び」目線。

オカネのコト

働く理由はやっぱりオカネ?

http://www.flickr.com/photos/69061470@N05/6955408073

photo by Government Press Office (GPO)

 ※過去記事を一部修正しました。

 

働くことが多様化された今の時代。

日本でも海外でも、都会でも田舎でも、会社でもフリーでも、ITでも農業でも…

 

「自分の好きな方法で、人生の限られた時間を自由に切り取って働き、相応の収入を得る」、という自由な働き方は確実に定着しつつあります。

 

そもそもナゼ働くのか。

夢、お金、生きがい、自己実現、暇つぶし…答えは人それぞれ、年齢や時代で都度変化します。

 

ただ、言えるのは「お金をもらって働くこと」と、「無償で働くこと」は少なからずプロとしての責任の度合いなど違いがあります。やはり働くことお金は切っても切り離せないですよね。

 

「給料をもらってるのは一種のガマン料」とか「ストレス溜めて身体壊してまで働くことないよ」とか「ボーナスの為、ローンの為に働くしかないから」という会話を日常的に聞きながら、

 

私はどれも正解だと思うけど、極論のようでもあり、じゃあ一体自分は何のために働くんだろうと、考えることがあります。

  

しっくり来る理由が欲しくて、久々に

「西原理恵子」さんのオカネ本を読み返してみました。

 

一方に、お給料は結構もらえるんだけど、でもそれはガマン料も入っている仕事がある。そしてもう一方に、そんなにストレスはなさそうだけど、ただ食べていくため、生活費を稼ぎ出すための仕事がある。

 

(中略)「自分がやりたいことがわからない」という人は、やみくもに手探りをするよりも、このふたつの「あいだ」に自分の落としどころを探してみたらどうだろう。

 

「カネとストレス」「カネとやりがい」の真ん中に、自分にとっての「バランス」がいいところを探す。

 

それでも、もし「仕事」や「働くこと」に対するイメージがぼんやりするようならば、「人に喜ばれる」という視点で考えるといいんじゃないかな

 

自分がした仕事で人に喜んでもらえると、疲れなんてふっとんじゃうからね。(西原理恵子「この世で一番大事な「カネ」の話より)

 

働くということに「喜び」目線を加えるという発想。

 

確かに「なんで今の会社で働くんだろう」とか「自分にはもっと大きなビジネスができるはずじゃないか」とか「毎日やりがいのない仕事に従事する虚無感」とか、

 

自分にとっての向き・不向きは考えるけれど、他人にとっての自分の仕事の意味や、「喜びを与えている」という視点は忘れがち。

 

エンドユーザーと直接接点のない仕事が増え、仕事がタスク化してしまうと、家族や自分の為に働くならまだしも、「どこかの知らない他人が喜ぶかどうかと、自分が働くことは関係ないし、どうでもいい」とさえ思う人もいると思うんです。

 

でも、モノやサービスを買う時、少なくとも不幸になりたくはないし、できれば喜びたいという気持ちは皆が持つもの。

 

結局のところ世の中のサービスはこうした連鎖で繋がっているんじゃないでしょうか。

 

自分が稼いだこの「カネ」は、誰かに喜んでもらえたことの報酬なんだ。

 

「仕事」と「お金」の深い関係性。迷うこともありますが、やりがいってこういう所にもあるんだろうなと感じたのでした。

 

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

  

手放すのが怖いのは「もうこれ以上のものに出会えないという不安」があるから。そして解決策は…

シンプル-ライフスタイル

手放すのが怖いとき

 f:id:authenticlife:20160822071915j:image

手放すことが、とても怖いときがあります。

 

モノや環境、あるいは友人や恋人など、失うことへの怖さを感じて、しがみついてしまうことが何度もありました。

 

なくしたくない、ずっと持っていたい。

 

続きを読む

自己啓発本の中の「お金で解決できること」だけをやって、頑張ったフリをする自分にサヨナラ。

自己啓発

読書の夏で気づいたこと。

f:id:authenticlife:20160817234238j:plain

Amazonが月額980円読み放題サービスを始めたので、Kindle paperwhiteで読書の夏を満喫しています。

  

10冊ほど読み終わり、現在は次の20冊を堪能しているんですが(と言っても薄い内容のも多い)、

 

無料で読める本の中には「○○な自分になるために今やるべき5つのこと!」といった自己啓発本も多く、以前は手当たり次第読んでたなぁ…と少し懐かしく振り返りました。

続きを読む

 

☆プロフィール☆

名前:マギー 札幌市出身。

20160710212955

買い物大好き時代から一転、シンプル&ノマドに目覚める。「少ない服でもオシャレ」をモットーに読者のクローゼット診断や気づきをしたため、頑張る女子を応援するサイト運営を目指しています。好きなことはファッション、旅行、映画など。お問い合わせ・ご連絡・ご依頼はstylesimplemgy☆gmail.comまでお願いします。